カテゴリ:学校生活と行事
集会「食品ロスについてのお話」

今週月曜日の朝会で、徳島県環境首都課から2名、東みよし町産業課から1名をお招きして、食品ロスについてのお話を聞きました。まだ食べられるにもかかわらず、日本では年間643万トンもの食料を捨てているそうです。一人あたりに換算すると、1日あたりお茶碗1杯分相当を捨てているのと同じだそうです。子どもたちは、お話を聞いて驚くとともに、食べ物を大切にしていかなければならないという気持ちをもちました。きっと給食の残食も減ってくるのではないかと期待しています。また、おうちでも食品ロスについて子どもたちと話し合ってみてください。そして、家庭でも実践できることにチャレンジして、食品ロスを減らしていき、地球温暖化防止など持続可能な社会につないでいきましょう。

 

 

 

公開日:2019年10月09日 11:00:00